ムダ毛を生えなくして、綺麗なお肌で好感度アップを

毛の濃さ、毛の多さは、人の体質であったり年齢であったり生活習慣によって変わってくるものです。

 

体毛はもともと体を守ったり体温を維持するためのものでした。

 

現在では必要とされている体毛は、まつ毛や鼻毛くらいで目や鼻に異物(ゴミやほこり)が入らないように身体を守っているくらいではないでしょうか

 

体毛の多くは「ムダ毛」と呼ばれ、不潔さや不快感を感じさせるものとなっています

 

女性だけでなく男性も、ムダ毛のないツルツルすべすべの綺麗なお肌の人に好感度が高くなっています。

 

ムダ毛を生えなくする方法ムダ毛を薄くする方法には、毛を剃ったり毛を抜いたりといろいろな方法がありますのでに案内をしていきます。

ムダ毛を生えないように自宅でムダ毛処理、効果は

自宅でムダ毛処理をする方法としては、ムダ毛を剃る、ムダ毛を抜く、除毛クリームで溶かすなどの方法があります。

 

 

カミソリで剃る場合

 

カミソリで剃るムダ毛処理は手軽にできる上に、費用も安く済む方法です。

 

しかし肌へのダメージが大きいといわれています。

 

肌が黒ずんでしまう色素沈着、毛が皮膚の外に出ず皮膚の内側で毛が伸びてしまう埋没毛、カミソリで剃ったあとに起こる肌荒れ・炎症などで、「カミソリ負け」と言われているもの、などがあります。

 

 

電気シェーバーの場合

 

電気シェーバーはカミソリで剃るムダ毛処理のように手軽にできます。

 

カミソリのような深剃りはできませんが、お肌への負担は少ないので仕上がりが気になります。

 

 

ムダ毛を抜く場合

 

1本1本ピンセットで抜いたり、ワックスやテープで一度に広く抜くことができます。

 

ムダ毛を抜く場合は剃る場合より毛穴へのダメージが大きく、ムダ毛処理としていい方法ではありません。

 

 

脱毛クリームを使う場合

 

毛を溶かす薬剤が入っているクリームです。

 

薬剤が入っているクリームを肌に直接塗るので、パッチテストなど必要になります。

 

パッチテストで平気でもだった人でも、タンパク質を溶かす成分でムダ毛を溶かしているので、お肌への刺激はどうしても避けられません。

 

アルカリ性の薬剤ですので弱酸性のお肌に強い刺激を与えるため、あまりオススメではありません。

効果のある確実なムダ毛を生えなくする方法

 

ムダ毛処理としてはムダ毛を剃る、ムダ毛を抜く、除毛クリームで溶かす・・・そして家庭用脱毛器などの方法があります。

 

ムダ毛を生えなくなり綺麗なお肌を求める人にとって、自宅でムダ毛処理をする方法では手間と時間がかかり、肌トラブルになることもあります。

 

効果のあり手間と時間が少なく確実に綺麗なお肌を求める人には、医療脱毛をおすすめします。

 

医療脱毛の場合、体の部位によっては1年未満5回の通院で綺麗なツルツルなお肌になるようです。

 

もしものお肌のトラブルの時は、医師が対応してくれます。
ただし、医療レーザーの出力が合わなくてやけどを起こした場合などで、元の綺麗なお肌に戻してくれるということではなく、治療をしてくれるということです。

 

料金・費用については、クリニックによって体の部位の一部で10,000円前後で綺麗なツルツルなお肌になれる脱毛コースを提案している医療機関もあります。